Keiko Kato Official Website

プロフィール

加藤 圭子 Kato Keiko

'93年にソロ歌手として活動を始め、'98年にラテンバンド「熱風音楽市場 魅惑の東京サロン」のメインボーカルとしてテイチクよりメジャーデビュー。2枚のアルバム、4枚のシングルを発表する。

'00年9月に脱退し、ソロ活動を再開すると同時に、ゴスペルシンガーらとグループを結成。「Pencil Bunch」へと発展させ、'10年にはスティービー・ワンダー氏のバックコーラスを務める。同グループを2017年1月に脱退。

また、国民的ドラマ『あまちゃん』のヒットを受けてリリースされた天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」レコーディングに、コーラストリオ“サンズリバーズ”として参加。2013年のNHK紅白歌合戦にも出演した。

自身が作詞・作曲・編曲も手掛けるオリジナル作品のほか、ジャズスタンダード・ポップス・ゴスペルソングなどをレパートリーとして、関東を中心に各地のライブハウスで活動中。

ソロシンガーとしてのライブは勿論、三松亜美とのデュオでの昭和歌謡ライブ、パーカッション&コーラスで参加している「イクラ&ファンキースタイル」ライブ等、定期的に出演するステージは多方面に渡る。

現在首都圏で4つのゴスペルクワイヤ、及び、NHKカルチャー教室をはじめとする多数のゴスペルクラスを指導する、ゴスペル講師の顔も持ち、'11年・'12年には、全担当クワイヤ合同のゴスペルイベント「K-soul voice fest」を開催。リズムとグルーヴの的確な指導と熱いステージで、多くの生徒・観客を魅了している。